繁盛店レポート

Shop report

繁盛店レポート Vol.10 BURN SIDE ST CAFE ~こだわりのスペシャリティコーヒー、手作りパンケーキで至福の時間を~

バーンサイドストリートカフェ(東京都渋谷区神宮前)✕エスプレッソマシン

厳選された豆で丁寧に入れたコーヒー、
フワフワのパンケーキが圧倒的人気。

Profile

2015年4月4日、東京・原宿にバーンサイドストリートカフェがオープンしました。原宿といえば有名パンケーキ店がひしめく激戦区。同店は厳選された豆を使い丁寧に入れられたコーヒー、独特のスフレ風パンケーキによって瞬く間に人気店となり、一日中行列が絶えることがありません。エグゼクティブプロデューサーの寿 福子さんにお話をうかがいました。

お店について教えてください。

アメリカ西海岸、オレゴン州ポートランドの路地裏にたたずむ小さなカフェをイメージしました。この店ならではの手作りにこだわったパンケーキを中心としたフード類と質の高いおいしいコーヒーを楽しんでいただく。そんな「Bliss/この上ない喜び」の時間を過ごしていただくことが店のコンセプトです。原宿はパンケーキの激戦区ですが、だからこそ他店にはないパンケーキとコーヒーで差別化をはかりたいと考えました。

お客様の層や特徴はいかがですか?

お買い物や観光の合間に立ち寄られるお客様も多いですが、常連のお客様もたくさんいらっしゃいます。パンケーキというと女性のお客様ばかりというイメージを持たれるかもしれませんが、男性がお一人でいらしたり、男性だけのグループも来店されます。年齢層もお子様からご年配の方まで幅広く、海外からのお客様も多いですね。

フードメニューについて教えてください

当店のパンケーキはスフレを思わせるフワフワ、プルプルの食感が特徴ですが、同時にパンケーキとしての食感もあるのが特徴です。この食感を実現するために、粉の配合や調理方法など何度も試行錯誤を繰り返しました。自家製のリコッタチーズやマカデミアナッツのオイルが入っているため、独特の香りや味わいを楽しむことができます。できる限り手作りにこだわり、防腐剤や安定剤などを一切使っていないため、安心して召し上がっていただけます。ホワイトスフレパンケーキのほか、国産の季節のフルーツを使ったフルーツのパンケーキやティラミスのパンケーキも人気です。パンケーキ以外のエッグベネディクトやエッグスラット、サンドウィッチ、ハンバーガーも好評です。

コーヒーメニューについて教えてください

一番人気はエスプレッソを使ったラテですね。また、世界中から厳選したスペシャリティコーヒーを使い、丁寧にハンドドリップで入れたブレンドコーヒーを「フルーティ」と「ビター」の2種類用意しています。コーヒー豆はすべて芦屋のスペシャリティコーヒー専門店「TORREFAZIONE RIO」から仕入れています。

お使いのマシンについて教えてください。

LA・MARZOCCO GB-5を選びました。その理由は3つあります。1つ目は誰もが使いやすい優れた操作性。ボタン類やスチームワンド(ノズル)などの配置がとてもよく考えられていて、本当に使いやすいですね。抽出時間が表示されるのもとても便利です。
2つ目は安定性。ボイラーを2つ搭載するデュアルボイラーなので、安定した抽出やスチームが行えます。週末には1日200杯以上抽出しますので、安定性はとても重要です。
3つめはシルバーを基調としたデザイン。店のインテリアと調和し、素晴らしいカフェ空間を生み出します。また、エスプレッソ専用のコニカルタイプの高精度グラインダーもとても使いやすく、雑味が出にくいので気に行っています。

マシンを使う際に気をつけていることはありますか?

徹底的にクリーニングをして常にきれいに保つことを心がけています。また、豆の状態をよく見て、その味わいやポテンシャルを最大限引き出せるような調整を毎朝行います。焙煎後の豆をいい状態に保つため、保管に気をつけることも大切ですね。豆の魅力を最大限活かし、クリアな味わいを実現するのはマシンでもハンドドリップでも共通です。

これから開業を考えている方々にアドバイスはありますか?

いかにお客様に満足していただけるかということ。たとえば当店では接客を重視し、ラテを注文された際、お客様の性別や年齢などによってラテアートの絵柄を変えたり、年齢層によって飲み物の温度を微調整したりします。そうした細かい気配りやお客様とのコミュニケーションによってファンになっていただくことが大事ではないでしょうか。
もう一つは今の時代に求められているものを提供すること。今は手作りで安心・安全なものが求められていますし、スペシャリティコーヒーのような質の高いコーヒーの人気も高まっています。そうした時代の要請に応えながら、メニュー、空間などを総合的に考え、一つのお店として作り上げていくことが大切ではないでしょうか。

今後の目標を教えてください。

常にお客様に満足していただくため、一つひとつの商品を吟味し入れ替えて、長く愛していただけるような店にしていきたいですね。日本には四季があり、いろいろな果物があります。そういう旬のものを積極的に取り入れることで、いつ来ても満足していただける店にしたい。そして、ここ原宿で得た経験を元に、都内の他の場所や地方都市、海外にもどんどん出店していきたいと考えています。

最後に、マシンを使っているところを見せていただけますか?

BURN SIDE ST CAFEにて愛用のマシンは
こちらでご紹介しています!

BURN SIDE ST CAFEにて愛用のマシン「LA・MARZOCCO GB-5」についてご興味のある方は、
ラッキーコーヒーマシンにお問合せください。

Shop data

BURN SIDE ST CAFE

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-29-9
営業時間:9:30~21:00(土・日は8:30~21:00)

TEL:03-3403-0660